専業主婦でも借りれるローンサービスを紹介

 

この記事をご覧になっている方の中には、家事・育児に専念なさっている専業主婦(主夫)の方も多くいらっしゃるかと思われます。
実は、専業主婦(主夫)ですと中小規模の消費者金融ですとお金が借りられないことが多いのですが、専業主婦(主夫)の方にも貸し出しているローン会社はあるのです。
当記事では、そんな専業主婦(主夫)でも借りれるローンサービスを紹介していこうと思います。
家事・育児に追われていてパートを始める時間的余裕がないという方も、ぜひ当記事をご参照のうえ、ローンサービスをご利用になってみてはいかがでしょうか。

 

 

ー専業主婦(主夫)でも借りれるローンサービス一覧ー

 

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクは総量規制の対象外となる大手銀行カードローンサービスとなります。
総量規制の影響を受けないこともあって、専業主婦(主夫)の方もパートを始めることなくご利用可能なローンサービスとなっているのです。
専業主婦(主夫)の方もインターネット申し込みをすれば即日融資も受けることができますので、お金にお困りの方にオススメとなっております。
さらに、新生銀行カードローン レイクは30日間か180日間の無利息サービス期間を設けており、借入金額によって、どちらかの無利息期間が適用されてお得です。
ATM手数料が無料で、借入・返済がお得に行えるという点でも優れていますので、専業主婦(主夫)の方はぜひ新生銀行カードローン レイクの利用を検討してみましょう。

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

消費者金融系のサービスの中でも、サービス性において特に優れているSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは主婦の方も便利にご利用いただけるサービスです。
ただ、総量規制の影響で無収入の専業主婦(主夫)の方は審査に通過できませんので、お申し込みの際にはパートなどをして収入を得ることをオススメします。
SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスはインターネット申込みですと最短1時間で借入可能ですので、家計などがピンチの時にも役立つでしょう。
また、30日間の無利息キャッシング期間があり、返済の負担を軽減することも可能となっております。
借入サービス『瞬フリ』や返済サービス『口フリ』など、借入・返済においても利便性が強いサービスですので、快適にキャッシングをご利用いただけるのです。

 

消費者金融モビット

キャッシングがWEB上の簡単な操作のみで申し込むことが可能な点で注目を集めているのが消費者金融モビットのWEB完結申込みです。
面倒な申込み手続きがWEB上の操作のみで完結できることもあって、主婦の方の申込みも多くなっている消費者金融となっております。
WEB完結申込みは在籍確認を書類確認に行ってくれますので、パート先の人々に自分がキャッシングを利用していることがバレない点も人気です。
また、カードレスで利用できますし、自宅に郵送物(郵便物)が一切届かないこともあって、自宅で同居している家族にも一切キャッシング利用がバレません。
総量規制の影響で専業主婦(主夫)のままですとご利用いただけませんが、パートなどを始めて収入を得ていれば審査通過が見込めるオススメの消費者金融です。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』

メガバンクである三菱東京UFJ銀行のカードローン『バンクイック』は総量規制の対象外となりますので、専業主婦(主夫)の方もご利用いただけます。
年4.6%〜14.6%という金利の低さも魅力的なので、専業主婦(主夫)を始め、多くの主婦層から支持を集めているのが三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』です。
銀行であるので審査時間なども長いのかと思われがちですが、最短30分で審査が完了し、即日融資もしてくれる銀行となっております。
また、ローンを利用していく上で必要になるローンカードについても、『テレビ窓口』を使って即日発行することが可能です。
提携ATMが多い三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』ですが、ATM手数料も無料なため、お得にカードローンをご利用いただけます。

 

 

以上で紹介した新生銀行カードローン レイク、プロミス、モビット、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はいずれも主婦層からの人気が高いローンサービスです。
特に新生銀行カードローン レイクと三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は専業主婦(主夫)のままご利用いただけますので、ぜひお申し込みをご検討ください。

 

SIMガール

 

 

専業主婦でも審査に通過可能?

 

専業主婦(主夫)の方がキャッシング審査に通過しないのは、総量規制という規制に原因があります。
総量規制というのは利用者本人の三分の一を超える金額の貸し出しを制限するという規制なのですが、この規制が専業主婦(主夫)の方の利用を阻むのです。
元々、利用者が返済に行き詰まってしまうということを防ぐための規制なのですが、専業主婦(主夫)にも影響が及んでしまっています。
パートなどで収入を得ていれば主婦の方も利用可能となってくるのですが、中にはパートを始めることができないという事情をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そんな方は、専業主婦(主夫)の方も利用できる銀行カードローンに申し込むのがオススメです。
実は、先ほど説明した総量規制は消費者金融や信販会社を対象にした規制のため、銀行は対象外となっております。
対象外でしたら、特に専業主婦(主夫)の方が利用できないということもなくなりますので、他の利用者の方と同じように利用していけるでしょう。
ただ、銀行もまったく返済の見込みがないという方には貸し出しませんので、「配偶者の方に安定した収入がある」という条件を課しています。
ですが、配偶者の方が収入を得ていれば特に問題はありませんので、専業主婦(主夫)の方はぜひ銀行カードローンに申し込んでみてください。
もし、パートを始めることができるというのでしたら、利便性の強い消費者金融のご利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

専業主婦でも即日融資ができますか?

 

専業主婦(主夫)ですと審査時間が長くなるのでは、と不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、別に専業主婦(主夫)だからといって審査で特別な作業が増えるということではありませんので、他の利用者の方と同じく即日融資が見込めます。
銀行や消費者金融が気にしているのは皆様にお金を貸したとして、そのお金を返済してもらえるのかという点です。
よって、配偶者などに安定した収入があれば特に審査において時間がかかることはありません。

 

稀に、専業主婦(主夫)だと審査において不利になると思って、パートなどをしていると虚偽の申請をする方がいらっしゃいますが、それは逆効果です。
銀行や消費者金融にとって、虚偽内容を申請してくるような人は信用ならない人物となりますので、そういった不正行為をすれば審査でかなり不利になります。
専業主婦(主夫)の方もきちんと申し込めば即日融資が見込めますので、不正行為などは絶対に行わないようにしましょう。

 

 

消費者金融を専業主婦が使うようになるためには?

 

先ほども少し触れましたが、専業主婦(主夫)の方が消費者金融を利用するのでしたら、収入を得る必要があります。
家事や育児と両立できる範囲で構いませんので、パートやアルバイトなどを始めて収入を得ておけば消費者金融の審査に通過できるようになるのです。
例えば、月に3万円の収入があるとすれば、年収は36万円となりますね。
総量規制は年収の三分の一以上の貸し出しを制限する規制なので、年収が36万円でしたら12万円までの貸し出しとなります。
消費者金融は基本的に1万円からの貸し出しに対応しておりますので、12万円まで貸し出しができるのでしたら十分です。
正社員でなくても構わないので、パート・アルバイトなどを始めて収入を得ることで、主婦の方々も消費者金融の審査に通過可能となります。